通販・EC用語集

用語集-卸

顆粒

顆粒とは粉末より大きい粒径の粒のことですが、特に粉末を取り扱いやすくするために粉末を固めて、0.1~1mm程度の一定の粒子径にそろえて加工したものです。製法によって球形(丸)、非定形(粒子の形が決まっていない)、ペレット(円柱状)など形が違ってきます。顆粒にすることによって、単なる粉末の状態に比べ飛散しにくいので、容器から取り出しやすくて服用時にむせにくくなります。また、粒子間に多くの空気を含むため、同じ粒径の固体や結晶より溶けやすく(ダマにならない)、コーティングして味付けすることができる、食品中の健康成分の偏りが少なくなる等のメリットがあります。そして粉末に比べて一度に大量の摂取が可能になります。

◎お役立ち情報

顆粒とは

顆粒とは、粉末よりも大きな粒のものです。粉末を固めたもので、粉末と粉末の間に多くの空気を含みます。粒径は、0.1ミリから1ミリ程度です。これによって水に入れると容易に崩壊します。粉末を顆粒にするメリットは、飛び散ってむせてしまうくらい飲みにくい粉末の飛散を防ぎ、飲みやすくすることです。また、大きな粒にすることで味をつけることも可能になります。飲みにくかった粉末を飲みやすくするための技術がそこには存在するのです。