通販・EC用語集

用語集-卸

製造ロット

製造ロットとはまとめて同じ種類の製品を生産する場合の生産単位のことで、ある製品をまとめて100個生産した場合、この100個をひとつのロット(1ロット)といいます。同様の言葉にバッチ(batch)がありますが、これは業界や会社によって使い分けられていることがあります。 また、製造以外の作業についても発注ロットや運搬ロットなどといった言葉もあります。 品質管理、在庫管理などにおいてはこの製造ロット一つ一つに番号を付けることで、製造時期などがわかるため管理がしやすくなるというメリットが有ります。 ロットを大きくすると大量生産による量産効果を得ることができますが、ロットが大きくなる程在庫管理がむずくしくなることや、近年の消費者の嗜好の多様化もあって多品種で少量のロット化が進んでいます。

◎お役立ち情報

製造ロットが活用されている現場について

各種工場等で製造されている商品に関しては、製造ロットというものを明確にしているものがあります。製造ロットとは、工場で1度に製造されている商品のことを指しており、例えば翌日に製造された物に関しては異なるロット番号が明記されることが一般的に行われています。具体的には食品などの製品の場合では、ロット番号が商品のパッケージに記入されていることがあり、万が一の事故が発生した場合では、ロット番号によって回収されることも行われています。