通販・EC用語集

用語集-卸

薬事法

薬事法というのは、人体に影響のある医薬品や医薬部外品、化粧品などを取り扱う場合や製造についての法律です。 特に最近では健康食品の広告などで関わってきます。 たとえば健康食品の場合では、働きあることが事実でも薬とは違いますから「絶対に効果がある」とか「必ず効きます」といっただれでも使えば病気などが治ると誤解されるような表現は薬事法違反になります。 これは企業だけでなく、最近では気軽にブログなどで一般人が商品を紹介することができますので誰もが気をつけなければいけません。 健康食品や化粧品など医薬部外品をブログなどで説明する場合には、個人の感想として効果がどのようであったのかというような感じで説明するようにしましょう。

◎お役立ち情報

薬事法の規定により薬剤師が必要になる場合があります

市販可能な医薬品は副作用のリスクの程度により3種類に分類されています。そのうちで第1類医薬品は薬事法の規定により、薬剤師がいる場合でないと販売できない事になっています。そしてドラッグストアなどでは通常の労働者も多く在籍していますが、第1類医薬品を取り扱う場合には薬剤師が在籍しています。そして薬剤師がいない場合には第2類医薬品と第3類医薬品しか販売できないため、薬剤師を募集する事が多いです。そして国家資格保有者であるため、通常の労働者よりも高めの給与になっているのが一般的です。