通販・EC用語集

用語集-卸

理化学試験

理化学試験は分析化学の分野において用いる言葉で、一般的に化学的操作をおこなう事で、サンプルの精製をおこない、様々な分析機器で対象物質を定量あるいは定性する試験の事をいいます。理化学試験でない分析試験は微生物試験や動物試験などがあります。この試験は無機物を測定する誘導結合プラズマ分析法や有機物を測定するクロマトグラフ法やpH、色、残留塩素、臭気度などの一般的性質を測定する方法があります。精製法には沈殿、再結晶、灰化、蒸留、混じり合わない二層を振とうして分配平衡にする液液抽出及び固体の層に試料液を通過させて抽出、精製、濃縮をおこなう固相抽出などが代表的な方法であり、様々な方法で測定し邪魔な成分を取り除き対象物質が測定できるよう工夫していきます。

◎お役立ち情報

理化学試験とは

理化学試験は非常に広い範囲を網羅する用語です。ですが、基本的には人間の体に対して有害なものが含まれているかどうかを、化学的手法を用いて試験します。 わたしたちの身の回りに存在するもの、とくに衣食住に関わるものと医薬品に対して行われます。食品や建材に含まれる有害物質も、この理化学試験によって検出されます。一番身近な例では、食品に対する残留農薬の確認があります。 主な手法は、HPLCなどのクロマトグラフィーや、吸光度計測などが用いられます。