通販・EC用語集

用語集-卸

有効成分

食事や塗布、吸引などにより体に取りこむ事で、ある症状に効果があるとされる成分。 有効成分とは薬事法のさまざまな規制のもとで医薬品と定義された商品に対して使われる言葉で、健康食品との区別をつける一要素にもなります。 厚生省が定めた通称”46通知”によって、医薬品に該当する成分は健康食品に配合できない、健康食品は医薬品と誤認されるような効能効果を表現してはいけない、などの規定があり、健康食品においては医薬品的表現は可能な限り排除すことがのぞまれています。たとえば、医薬品の場合は有効成分と賦形剤(カプセルや錠剤など、ある形状を作るために添加される物質)とにわけられますが、健康食品の場合は機能成分と添加物などという表現が適当です。

◎お役立ち情報

有効成分

有効成分とは、医薬品・医薬部外品や農薬などに含まれる成分のうち身体に効果のある物質のことです。 皮膚に塗布する商品に関しては、薬事法において医薬品・医薬部外品・化粧品に分類されています。医薬品では、効果を期待できる主な薬剤を「有効成分」と規定することができます。医薬部外品では、既に規定された効果に対して更に効果成分が追加されたり、類似した効能を示す際に記載する事が認められています。ただし、化粧品については効果効能がないため、この文言は使用できません。