通販・EC用語集

用語集-卸

景品表示法

日本には不当景品類及び不当表示防止法という法律が存在しています。この法律は、別名景品表示法とも呼ばれています。 消費者に対して商品やサービスを提供する企業は実に多く存在していますが、どの企業も自社の商品やサービスを売り込むためにさまざまな工夫を凝らしています。どのような企業でも、いかに自社の商品やサービスが魅力的であるかを消費者に対して提示するために、さまざまな趣向を凝らした広告や宣伝活動を行っていますが、ときとしてその行為が行き過ぎてしまうことも珍しくはありません。また、広告・宣伝活動の一環として過大な景品をつける場合もあります。 自社の商品やサービスに関して適正ではない広告・宣伝活動を企業が行った場合、消費者は適正な判断をすることができなくおそれがあります。そのような事態を避けるために設けられているのが景品表示法と呼ばれる法律なのです。

◎お役立ち情報

景品表示法とは

景品表示法とは正式には不当景品類及び不当表示防止法と言い、医薬品等各種製造品に対し不当表示や誇大表示、事実と異なる表示を防ぐための法律です。例えば医薬品であれば、薬品名、効果効能、有効期限、含有成分等細部に渡り正確な表示を求めています。表示規制の概要としては、表示の定義や優良誤認、有利誤認、不実証広告規制、打ち消し表示、比較広告、公正競争規約、景品類の制限及び禁止等多岐に渡り、景品表示法に触れると行政措置が取られる事も有ります。