通販・EC用語集

用語集-卸

品質管理

戦後まもない頃までは、日本の製品は安かろう、悪かろうの時代でありましたが、製品の品質を安定していく技法を学び、高度経済成長を成し遂げました要因と言われています。 品質管理という言葉が、注目されるようになったのは、製造部門で、安定した品質を管理をするようになっても、それで満足することなく更にそれまでは品質とは縁遠いとみられていた事務部門にも技法が発展して、TQCとして発展していき、顧客満足度が追及されていきました。 QCは品質を一定に管理するために、QC7つ道具とどう進めていくかと行くことでQC手法で知られています。 近年はISOの中にも取り入れられ、品質管理は単なる品質の優秀さでは無く、システムとしての完璧さを求められています

◎お役立ち情報

品質管理の実施されている場所や内容に関して

品質管理を必要としている現場があります。主に活躍している場所としては、商品を製造している工場がメインとなり、中には一定の資格を有している方が仕事に就くことを必要としています。例えば食品工場の場合では、菌や異物混入などに十分に配慮することが求められていて、さらに原料に関しても正確に使われることを確認することが仕事の中心になります。工業製品の場合でも、決められた品質を確保するために、品質管理が必ず行われています。