通販・EC用語集

用語集-卸

化粧品輸入代行

化粧品を輸入するためには、二つの業務が発生します。 一つめは、仕入れ先企業への代金の支払い及び、市場供給を担うことです。 そして二つめは、薬事法に基づく品質管理や安全確認、および通関手続きなどの業務です。 後者の業務を行うためには、薬事法で決められた「化粧品製造販売業許可」が必要となります。 化粧品輸入代行とは、その許可を持たない輸入業者に代わり、代行業者が輸入元として商品の品質管理や安全確認を行い、さらには通関手続きをすることです。 代行業者に依頼すれば、輸入業者自体が薬剤師等の人件費等の削減につながりますが、あくまで許可をもっているのは、輸入代行会社なので、製品の表示は輸入代行会社との連名表示となります。

◎お役立ち情報

化粧品輸入代行とは

医療機器や化粧品の輸入販売を行うには、薬剤師や医療機器経験者を常時雇用の義務の他、様々なコスト、管理的なリスクが大きい上、製品毎に手続きも繁雑で実際に行うのはかなり難しい状況です。その様な企業や個人に代わり、手続き等を行うのが化粧品輸入代行です。化粧品輸入代行を挟む事によって、化粧品の販売までの管理や手続き、時間的なコストが大幅に短縮出来て、販売者の負担もかなり軽減されます。更に人気のある海外の化粧品も簡単に店舗に並べられますので、店舗のイメージアップにも繋がります。