通販・EC用語集

用語集-卸

加速試験

自動車や電化製品、産業機械などユーザーの手に渡りこれ以上加工されることのない最終製品では、リリース前に製品寿命と保証期間を決定するための加速試験を行います。 別名、加速度試験、加速劣化試験などとも呼ばれ、高温多湿や紫外線照射、あるいは高電圧など、通常その機器を使用する環境ではありえない過酷な状況下を作り、劣化を促進させることで、短期間の稼動試験で故障するまでの時間を特定しようというものです。 例えば昨今流行りのLED電球など何万時間証明可能という売り文句で販売されているのを見かけますが、製品を開発して、実際に何万時間も試験をしていたのでは、その製品が廃れてしまいます。 連続試験で行うにしても1年は8496時間しかないのです。 それを過酷な環境下で短時間に特定するのです。 また食品や飲料などでも消費期限を特定する場合に、加速試験が行われる場合もあります。 とりわけ、缶詰やレトルト食品など、長期保存が可能な食品では、高温多湿の環境で保存し、その劣化具合を試験します。

◎お役立ち情報

加速試験とは

加速試験とは正確には加速劣化試験と言い、医薬品に意図的に苛酷な環境を与えて劣化を早め製品寿命を検証する試験です。与えられる環境は温度から湿度、放射線、汚損、振動等沢山の環境から成分の劣化、破損腐敗、放射線による成分の変化等を検証します。検証結果が出るまでには時間がかかる事も有りますが、医薬品の品質保証を確認する為には欠かせない試験です。医薬品以外でも、金属や電気製品、ディスク、半導体などにも用いられています。