通販・EC用語集

用語集-卸

ハンドキャリー

ハンドキャリー(handcarry)とは、文字通りでは、手に持って運ぶという意味ですが、卸においては、乗客が鉄道や航空機などの公共交通機関を使って、貨物を「旅客手荷物」として運ぶことを意味します。 たとえば、化粧品の輸入の場合において、バイヤー自らが少量の商品を持ち帰るために良く使われる手段です。 ただし、乗客が自身で使用するために輸入する場合には、数量が制限されるので注意が必要です。 通常、通関や配送に時間がかかったり、危険な国や地域からでも、乗客に「ハンドキャリー」してもらうことによって、安全かつ迅速に商品を配送することができることから、このようなサービスを専門に請け負っている業者もあるようです。

◎お役立ち情報

ハンドキャリーとはどのようなものか

ハンドキャリーとは、顧客の重要な荷物を鉄道や航空機といった公共交通機関を活用して目的の相手や企業等に届ける事です。グローバル化の進展、交通機関の発達によって年々早く相手に対して荷物を届ける事ができるようになってきています。一方、ハンドキャリーを行う企業が増加し、顧客の獲得競争が激しくなっています。企業は、他社よりも優位に立つためにサービス料金を値下げしたり、24時間365日迅速に対応できる体制を取ったりしています。