通販・EC用語集

用語集-卸

タブレット

タブレットとは薄い板状のコンピュータで、現在流通しているものは画面を直接触るタッチパネル方式で操作します。 パソコンとの違いは、消費電力やメモリが小規模のため小型・軽量化されており、マウスやキーボードは基本的に使用しません。 そのため、インターネットページや電子書籍、ゲームなどの閲覧を中心とした作業が中心となります。 また、ソフトウェアの代わりにアプリを使用して作業をします。アプリはパソコンのソフトウェアに比べると価格が安価または無料です。 基本的にタブレットはインターネット接続をして使用することが多いです。また、容量や機能がパソコンに比べると低いため、インターネット上のクラウドサービスを使用して機能の補完を図ります。

◎お役立ち情報

タブレットは在庫管理に利用するケースが多いです。

今まででは、在庫管理はパソコンをメインにして専用のハンディ端末を利用して在庫や商品の発注と受注の管理を行っていました。 最近では、スマートフォンの普及から、同様の画面の大きいタブレットを在庫管理に利用するケースが多いです。 これは、カメラを利用してバーコードリーダーにもなり、複雑な指定に対しても大画面で詳細な指定ができるので便利です。 また、パソコンは管理のメインのみでタブレットで作業を切り替える業者も増えています。