通販・EC用語集

用語集-人材

離職票

退職した時に失業保険の手続きで必要になる書類です。退職の際その企業で作成される離職証明書に基づき、公共職業安定所によって作成されます。失業保険を支給するための参考資料となり、離職理由や過去半年間の賃金や出社日などが記載されています。 この離職票がないと失業保険の支給を受けることができないので、退職が決まったら企業に対し離職証明書が必要な旨伝えておかなければなりません。 ただ、離職証明書は退職日当日に本人が受け取るものではなく、企業が退職翌日から10日以内に公共職業安定所に提出することになっています。また、退職する本人から再就職する意思がないと伝えらえた場合には、離職票は交付されません。退職時に再就職する意思がなく交付されなかった場合でも、必要になった時に以前勤務していた企業に対し離職証明書の交付を請求し、手続きすることが可能です。

◎お役立ち情報

離職票に関する内容について

離職票は雇用保険に加入していた従業員が、会社などを退職した後に発行されるものです。一般的には退職後10日程度で発行される傾向にあり、退職者は離職票を持って公共の職業紹介所に行き、手続きを行います。失業金給付を受けるためには必要不可欠なものとなっており、もしも発行されていない場合では、給付金を得ることができないばかりか、退職をしたという証明にもなりませんので、速やかに発行を請求することが良い方法になります。また、現在では電子申請が可能とされています。