通販・EC用語集

用語集-人材

試用期間

企業が新たに労働者を雇う際には、書類選考や面接で会社の仕事が合っているかどうかや長く続けられるかどうかを人事担当者が慎重に判断しています。しかしそれでも採用した労働者が会社で行っている仕事内容に合っていなかったり、社風に合わず長く続けられないようなケースも出てきます。 そこでそういった時のために試用期間というものがあります。これは労働者を正式に採用する前段階として、試しに働いてもらう期間を指します。給与は働いた時間に応じて支給しなければなりませんが、通常よりも時給を安めに設定する事が可能です。また社会保険や労働基準法などの規定の一部が適用除外となるため、この期間で様子を見て正式に採用するかどうかを決める事ができます。

◎お役立ち情報

試用期間の過ごし方

試用期間は企業が雇った人の能力を試すことができる期間でもありますが、雇われた人が企業を評価する期間でもあります。試用期間中は解雇にすることが許されていますが、残業などの命令を出すことは出来ません。企業が雇った人を解雇にしやすい反面、労働者も辞めやすいのです。評価されているからといって、弱気にはならず、むしろ強気に企業を評価するようにしましょう。さもなければ、企業から無理な要求もされかねないからです。