通販・EC用語集

用語集-人材

内定通知書

内定通知書とはオファーレターとも呼ばれ、企業から正式な採用が決まった時に決定内容を記載した書類のことを言います。 一般的に入社誓約書など提出書類が同封されています。そのため、オファーを受ける際には職種、入社予定日などの条件や入社後の待遇など内容を確認し、同意した上で入社誓約書に署名、捺印します。 署名、捺印した入社誓約書を期日までに企業に提出し、会社の手続きが完了して雇用契約が成立し入社となります。 就職、転職活動では内定を巡って入社前後でトラブルになるケースがあります。それを避けるためにも求職者は面接など口頭で内定通知を告げられた場合でも内定通知書を受け取った上で内容を確認し、行動することが大切です。

◎お役立ち情報

内定通知書として用いられている書類の内容等に関して

企業に就職希望として、書類を送ったり、面接などを経た後に、内定通知書というものが送付されてくる場合があります。企業によっては電話での通知で済ませているケースもありますが、内定通知書の場合では、どちらかと言えば明確に内定を頂いたという証明にもなります。その内容としては、前提としてあることでは本採用になったということではなく、あくまで内定を頂くことができたという段階になります。従って書面に記載されている内容は、あらためて会社で行われる説明会などの日程などが書かれていることが多く、入社希望者は間違えること無く出席することが必要です。