通販・EC用語集

用語集-人材

入社誓約書

入社誓約書とは、採用する企業に対して内定を受けた人間がその企業に入社する事を約束する書類です。誓約書には、入社後に従業員として遵守しなければならない事柄が明記されている事が多いです。この書類を企業が指定する日までに提出すれば、入社となります。 入社誓約書を提出した後に第一志望の企業から内定をもらった場合、誓約書を提出していても入社を辞退する事ができます。なぜなら、憲法の職業選択の自由が優先されるからです。しかし、このような行為は、すでに決まっている企業の人材育成スケジュールに悪影響を及ぼすだけではなく、人員配置の見直しも行わなければならないので、企業にとっては迷惑です。従って、提出後に辞退をする時は誠実、丁寧に対応する事が大切になります。

◎お役立ち情報

入社誓約書の存在理由などについて

特に新卒者に用いることの多いものとして、入社誓約書とうものがあります。一般的には求人に対して希望者が応募を行い、その後は書類審査や面接などが実施されることになります。さらに内定を得ることのできた方を対象として企業側が応募者に送付したりするものが入社誓約書になります。その内容は、会社の規律に順守することを誓約したり、情報漏洩などを守るために会社が労働者に氏名捺印を求めることになります。基本的には入社を決める場合では、署名をしなければ入社できないことが前提とされています。