通販・EC用語集

用語集-人材

ポテンシャル採用

ポテンシャル採用の意味は、潜在能力や将来性に期待して採用するということです。従って、現状での実力は、実力不足であったとしても、採用されるということになります。ただし、実力や経験が不足している分、将来性の高さを証明する何かが必要となります。学習能力などの高さを証明するには、学歴の高さや難関資格の合格、その他のスキルの高さが必要になるのです。 よって、ポテンシャル採用なら、全く実力がなくてもいいと言うわけではありません。むしろ、担当する業務に必要となる知識やスキルは欠けていても、他の分野の実力は長けていなければならない場合がほとんどです。潜在性を見極めるのは難しく、何かしらの証拠が必要になると考えるべきです。

◎お役立ち情報

ポテンシャル採用では能力を問われる

ポテンシャル採用では能力を問われます。経験不足ではあるが、高い能力を持っていなければ採用されません。これから、覚えていけば良いという面はありますが、既にある程度の実績があることが前提になります。例えば、難関資格を持っていたり、有名大学を出ていたり、求人とは関係無い分野ながらも、高い実績を残していることが大切です。さらに、1つのことだけに秀でているのではなく、様々な分野において素晴らしいパフォーマンスを残していることが求められます。