通販・EC用語集

用語集-人材

ホワイトカラー

世の中には様々な仕事があり、どの仕事もそれぞれ大切な役割を果たしています。その中でホワイトカラーと呼ばれる職種があり、主に事務や企画や開発などの仕事を指します。 その特徴としてオフィス内でのデスクワークが中心になるという事が挙げられます。服装はワイシャツとネクタイを締めてスーツを着用している事が多いです。現場で仕事を行うブルーカラーと異なり、あまり体力を使う事はありません。しかし多くの書類に目を通す仕事であるため、ストレスが溜まりやすい場合も多いです。比較的残業が多いですが、基本給が高めである傾向が強く残業代も加わるため高収入の人が多いです。 主に大卒の人が就くケースが多いですが、勤続年数の長い高卒の人が就くケースもあります。

◎お役立ち情報

ホワイトカラーと呼ばれる語源と現在の様子など

職業によって振り分けられる言葉にホワイトカラーと呼ばれているものがあります。その内容は主に白いワイシャツを着て仕事を行う方を指していることを語源としており、主に事務職として仕事をしている方をメインにしています。対する職業として挙げることのできるものではブルーカラーと呼ばれている仕事で、主に技術職をメインとしています。かつてはホワイトカラーの方が優遇されているイメージが強くありましたが、現在では給与的にも殆ど差が無いことがわかっており、転職市場ではブルーカラーの方が需要が多いというケースも見られます。