通販・EC用語集

用語集-人材

トライアル雇用

トライアル雇用とは、ハローワークが紹介した労働者を企業が短期間試用的に雇用し、その期間の終了後に企業側と労働者側双方が適性を判断し、双方が合意をすれば本採用に移行するという制度です。 この制度は、障害者、若年者等対象者が限定されています。ハローワークでこの制度を利用する時は、事前の登録が必要になります。 トライアル雇用のメリットとしては、労働者が自分の職業適性を雇用期間中に見つける事ができます。また、適性がないと労働者が自分で判断した場合にすぐに新たな職探しに取り組む事ができます。 企業側のメリットとしては、筆記試験、書類選考、面接等ではわからない労働者の適性、意欲、能力等を知る事ができます。また、経済面のサポートを受けられる点もメリットです。

◎お役立ち情報

トライアル雇用のメリット・デメリット

トライアル雇用によってもたらされるメリットは雇用する側とされる側双方に「試す」期間が設けられる事です。 雇用される若者にとってはその会社を深く知ることができる上に良い就労経験になりますし、雇う側もその人物を十分見て雇用の判断をすることができます。しかし同時にこれがデメリットとなりうる事もあります。 とくに雇われる側からすれば、自分が働き続けたいと願っても、雇う側の判断基準だけで解雇をされてしまう可能性が出てきます。ですので、採用前には解雇される基準などを質問して明確にしておくことが大切になってきます。