通販・EC用語集

用語集-人材

スクリーニング

スクリーニングとは、様々な分野で使われている言葉ですが、人材に関しては、選考の仕方とか人材の選別になります。まずは大まかに採用する人を絞りこむ時に、ある一定基準を設けて、それに達していれば残し、達していなければ落とすのです。基準が厳しすぎて人が少なくなりすぎる場合には、基準を緩め、その逆なら基準を厳しくします。基準は1つの項目だけではなく、複数項目に渡る場合が多く、この最低基準を1つでも満たしていないと残れない場合が多いです。特定の分野に圧倒的な強みがあっても、スクリーニングで弱みがひかかってしまうと落ちてしまうので、注意が必要です。基準は、年齢、学歴、経験年数、資格、語学力と筆記試験の結果で行われる場合が多いです。

◎お役立ち情報

スクリーニングとはどのようなものか

スクリーニングとは、企業側が数多くの求人募集者の中から学歴やエントリーシートの書き方等を基準に書類選考、筆記試験、面接等に進む人物を振り分ける事です。スクリーニングのメリットとしては、企業の採用担当者が膨大な数のエントリーシートをすべてチェックしなくても良いため、時間を他の業務に活用できます。反面、その内容によっては優秀な人材を採用できないというデメリットもあります。これを行う時は、できるだけ優秀な人材を残す事ができる具体的な基準を設ける事が大切です。