通販・EC用語集

用語集-EC運営

QRコード

QRコードとは、Quick Response Codeの略称で、二次元コードの一種です。 二次元コードとはバーコードのような、横にのみ情報を持つコードとは違い、縦横に情報を持つものです。 QRコードはその一種として、1994年にデンソーの開発部門によって開発されたもので、Quick Responseの名前の通り、高速読み取りを目的として開発されました。 縦横に情報が収納されるため、WebサイトのURLなど、様々な情報をそこに入れることが可能となり、さらにはコードによる受け渡しを可能にします。 多くの携帯電話では、その内臓カメラを用いてコードを撮影することで、その情報を読み取ることが可能になります。 その機能がついていないスマートフォンでも、対応アプリを入れればその利用が可能となるのです。

◎お役立ち情報

QRコード

QRコードは、別名二次元バーコードとも呼ばれます。 一般的なバーコードでは、縦線の太い・細いで数値を表しますが、QRコードを使うとメールアドレスやホームページのアドレスなども記録することができます。 使うときは、携帯電話・スマートフォンのカメラを使って読み取ります。読み取るとメールアドレスやホームページアドレスが表示され、簡単にメールを送ったりホームページにアクセスできたりします。 工場などでは、製品の詳細な情報の管理のために使われることもあります。