通販・EC用語集

用語集-EC運営

Eコマース

電子商取引。英語でいうElectronic commerce(エレクトロニックコマース)の略称。 インターネットや特定顧客用の専用回線を使いコンピューターネットワーク上での情報通信によって商品やサービスを提供したり、売買することをいいます。 企業対消費者の取引をB2C(B to C, Business to Consumer)、インターネットオークションのような消費者間取引をC2C(C to C, Consumer to Consumer)、企業間取引をB2B(B to B, Business to Business)と言います。 Eコマースはインターネットの普及や高速化に伴い商品の売買だけでなく、広告、資金決算、オンラインゲームなど、ビジネスモデルの拡大とともに、大きく広がっています。

◎お役立ち情報

Eコマースを用いたビジネス

Eコマースとは電子商取引のことであり、インターネットを通じて契約や決済を行う仕組みのことです。 ネットショップはEコマースを最もよく使ったビジネスであり、現在では多くの消費者に認知され、自宅でパソコンから買い物が出来るシステムとして利用されています。 決済にはクレジットカードを使ったクレジット決済が主に行われ、キャッシングや保険などの契約、ホテルなどの宿泊施設やレストランなどの飲食店の予約など幅広い業種で電子商取引が行われています。