通販・EC用語集

用語集-EC運営

CTR

CTRとはWebページ上の広告が表示された回数のうち、実際にクリックされた割合を示す数値であり、ECサイトにおける運用にも関連してくる要素です。 ショッピングサイトや通信販売の経営では、宣伝を行う目的で広告機能を利用する場合が多くあり、Webページ内の様々な箇所に表示されるバナー広告が代表的なものになっています。 CTRの高い広告はクリックされる回数が多い理由から、効率的な宣伝・販売効果が期待できる広告と判断でき、広告機能によって宣伝を行う際に掛かる費用に対して効果が大きいと言えます。 クリック数を増やす為には広告そのものを目立つ位置に表示させる事が大切ですが、客層の限られた商品を売る場合には設置するWebサイトの内容と関連性を持たせるなどの工夫も有効です。

◎お役立ち情報

CTR

CTRとは、Click Through Rate(クリック・スルー・レート)の頭文字をとったものです。日本語ではクリック率というような言い方をします。 これは、広告を配信したうち、どれくらい実際にクリックされたかを計測したものです。 例えば、メール広告を10万通配信して、500件その広告をクリックされたならば、500件÷10万件=0.5%となります。 新聞広告などの場合は、チラシをどれだけ配っても、実際の費用対効果を測定しにくいのに対し、インターネットの広告はCTRなどを調べることで効果がある広告ができたかどうかを実際に測定することができます。 その結果、より効果が見込める広告を配信することができるようになると期待されます。