通販・EC用語集

用語集-EC運営

CSS

CSSとはCascading Style Sheetsの略で、カスケードスタイルシートと呼ばれているものです。 ウェブページを構成しているHTML文書には、要素や属性などがありますが、この要素や属性などに関連付けて、スタイルを与えるのがカスケードスタイルシートになります。 文字の色を変えたり、文字位置を指定の場所に配置したり、文字サイズを自由に変えるなどの情報は全てスタイルの情報として存在しており、これは全てカスケードスタイルシートのなかで設定を行う事になります。 尚、カスケードスタイルシートと言うのは、HTML文書の中に埋め込む事も出来ますし、拡張子をCSSにして、HTML文書の中ではリンクを持たせる事で外部ファイルとして作成する事も可能になります。

◎お役立ち情報

CSS

CSSとは、別名スタイルシートとも呼ばれるもので、ホームページのデザインについて記述するものになります。 ホームページは、通常HTMLで作成されます。しかし、HTMLの中に文章そのものと、それをどのように表示するかのデザインについての両方を記述すると、修正しなければならないときに労力が大きくなってしまいます。 そこで、文章の中身はHTMLで定義し、デザインはCSSで定義することで、HTMLレベルではデザインを意識しないですむようになります。このことで、各ページのデザインの共通性やホームページの更新のしやすさが向上します。