通販・EC用語集

用語集-EC運営

見込み客

企業などが提供している製品やサービスを、費用をお支払いして利用する可能性がある人のことを見込み客と言います。 購買意欲の高い人からただの興味本位の低い人まで様々です。 今すぐ欲しい人、欲しいけど迷っている人、興味があるのでそのうち欲しい人、知識もなくまだ欲しいとは思っていない人、大まかに4つに分ける事ができます。 企業にとって一番理想的なお客様が、今すぐ欲しい人となります。 この4つの見込み客リストから今すぐ欲しい人の割合を増やすと利用者増加につながりやすいです。 知識もなくまだ欲しいとは思っていない人に営業しても中々効果が薄いので、見極めがとても大切になります。 インターネットで理想的なお客様を集めるときはキーワードの選定が重要になります。

◎お役立ち情報

将来の顧客、見込み客の分析で売上拡大

見込み客はまだ商品を購入していないので、その時点では顧客としてカウントすることはできませんが、将来の大事なお客様になる可能性があります。売上拡大を目指す企業にとっては、見込み客に商品を購入してもらい、顧客になってもらうことが重要なカギとなります。また、この将来の顧客を把握することで、企業は売上予測を立てることができます。効率良く売上目標を達成するために、様々な情報を集計、データ化し、分析するマーケティングツールも増えています。現在だけではなく未来を分析することが、企業が生き残るために必要なのです。