通販・EC用語集

用語集-EC運営

特定商取引法に基づく表示

特定商取引法とは訪問販売などで事業者と消費者の間で起こりうるトラブルを防ぐための法律のことをいいます。 訪問販売や通信販売、電話勧誘などがその対象になります。 インターネットロ利用したネットショップの場合には、特定商取引法に基づく表示することによってそのホームページやショップは正しい法律基準に基づいて運営しているということを示すことになります。 規制の内容としては、氏名等の表示の義務付けや誇大広告などを禁止したものやクーリングオフの制度の説明などがあります。 つまり特定商取引法に基づく表示、法律に基づいて事業者の所在を明確にする必要や広告や販売方法に無理があったり誤解がないように明確に表記しておくということです。

◎お役立ち情報

特定商取引法に基づく表示について

ECサイト等の通信販売、訪問販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引などは特定商取引と見なされ、販売業者は「特定商取引法に基づく表示」として明文化しなければなりません。ECサイトであれば、サイトのどこかに設置する必要があります(表示専用のページとして一ページ分割いているサイトがほとんどです)。 特定商取引法に基づく表示に記する内容については、販売業者名、運営責任者、住所、連絡先(eメール、電話番号等)、販売価格、送料・手数料、返品等の対応、商品引渡時期、支払い方法、支払い期限、購入限度額、個人情報の取り扱いについてなどです(内容については業者によって若干異なります)。