通販・EC用語集

用語集-EC運営

滞在時間

インターネットのショッピングサイトにおけるマーケティング方法として使われる手法の中に、ユーザーの滞在時間の分析があります。ショッピングのWebサイトを見たユーザーの内、商品を購入した人がどれくらいの時間そのWebサイトに滞在していたかを分析する方法です。滞在時間が長かったにも関わらず商品を購入しなかった人は、その商品に興味を持ったけれども購入するまでには至らなかった、と解釈できるでしょう。逆に見ている時間が短かった人は、たまたまそのWebページに行きついただけで、商品に魅力がないと瞬時に判断したと解釈できるでしょう。ショッピングサイトの売上を伸ばすには、商品に興味を持ったけれども購入しなかったユーザーの分析をし、伝えきれなかった商品の魅力をアピールするなどの工夫が必要です。

◎お役立ち情報

ホームページの滞在時間

ホームページのアクセス数やログを見た時に、滞在時間と言うデータがあることもあります。滞在時間とは、特定のIPアドレスがそのホームページにどれだけいたかを調べることができるのです。どれだけの時間をホームページで過ごしたかによって、どれだけしっかり見てもらえているのかの参考になるのです。 ホームページに訪れたとしてもすぐに移動をしてしまっていては、内容を見てもらっていない可能性も高いのです。多くの人が長く滞在している場合は、それだけしっかりとした内容で人に読まれている可能性が高いという目安になります。