通販・EC用語集

用語集-EC運営

回遊性

回遊性とは、EC運営において訪問者がどれくらいそのサイトを見たかを表す指標です。 訪問者が10万人いても、そのほとんどが1ページだけ見て帰っていては、意味がありません。たとえ訪問者が多くなくても、そのサイト内のページを次々とみていく方がよいのです。 この、訪問者がどれくらいサイト内を見ているかを分析するには、いくつかの要素があります。まず、直帰率の低さです。1ページだけ見て帰っていく訪問者が少なければ、そのサイトは訪問者にとって魅力的なものであると言えます。次に1人あたりのPV数です。1人がたくさんのページを見ているならば、それはお店に長時間いるようなことです。最後に重要ページへのPV数です。これもお店に例えれば、レジにどれくらいお客さんが向かっているかを調べています。 回遊性には具体的な計算方法があるわけではないので、様々な要素を組み合わせて多角的に検討する必要があります。

◎お役立ち情報

回遊性

回遊性とは客が店舗内(ECサイト内)を歩きまわることです。 客が店舗内を歩きまわることで、商品を見てもらう機会が増え、購買のチャンスが生まれます。 客に回遊してもらうためには客を誘導する方法が必要となり、実店舗では通路の作り方、人の集まる場所の作り方などが検討されています。 また、ECサイトなど、インターネット上のホームページ上での回遊性を高める方法も実店舗とは異なりますが、様々な方法が検討されています。