通販・EC用語集

用語集-EC運営

個人情報保護法

ネットショッピングやポイントサイトなどを利用するとき、会員登録で住所の登録や口座の登録が必要になることがあります。それらの情報はとても大事な個人情報ですから、無断で必要以外のことで使用されたり、流出させることがないよう個人情報保護法という法律で保護されています。また、サイト側が企画している懸賞などで住所や名前、年齢などを登録することがありますが、登録してある住所があっても、懸賞以外の目的での使用は禁止されています。きちんと個人情報が保護されているということが利用者の安心にもつながるので、サイト管理者が管理を徹底していかなければならないことでしょう。サイトを長く運営していくためにもとても大事なことです。

◎お役立ち情報

個人情報保護法とは何か

個人情報保護法は、正式には「個人情報の保護に関する法律」といいます。現代社会においてインターネットやパソコンなどの情報システムは非常に急速に拡大をし続けています。このことはさまざまな面で利便性を高めると同時に、悪意のある人物によって個人の情報にアクセスされてしまうといったリスクを生み出すことになりました。従来では個人情報というものは金銭などのように形のある物ではないことから無視されがちなものでした。しかし、悪意のある人物に個人情報が知られることで何らかの犯罪行為の被害に遭ってしまうかもしれません。そのようなことがないように個人情報に関する取り扱いについて定めたものが個人情報保護法という法律なのです。