通販・EC用語集

用語集-EC運営

メタタグ

メタタグと言うのは、サイトの情報を読み取らせるために利用するタグの事を言います。 検索エンジンはWEB上に存在するサイトを巡回ロボットによって巡回させているのですが、このロボットにはサイトの情報を読み取る機能が付いています。 そして、このタグを利用すればこのロボットに対して意図的な手段によって情報を拾わせることが出来るようになるのです。 例えば、自身の運営しているサイトがタグを重要なテーマとして含んでいるのならば、このキーワードをメタタグの中に入れておくわけです。 そうすると、巡回にやってきたロボットはタグの中に含まれているキーワードが重要なものなのだということを理解しますので、効率良くサイトの評価をしてくれるようになります。 検索エンジン最適化には欠かせないものと言えます。

◎お役立ち情報

メタタグ

メタタグとは、ホームページに定義するHTMLのタグの一種です。 ただし、このタグで定義した情報はブラウザでは表示されません。実際に必要となるのは、検索エンジンが情報を集めるために使っているスパイダーなどと呼ばれるプログラムです。 メタタグで定義されているキーワードは、検索エンジン側としてはそのページの重要項目であると認識させることができるので、ここにどのようなキーワードを定義させるかが検索エンジンで上位に表示させるポイントの一つとなります。