通販・EC用語集

用語集-EC運営

ブルーオーシャン

各会社がどのような事業をして利益を出すのかを考えるときになるべく利益の出しやすい事業を選択することが多いです。なぜならそのほうが少ない労力で利益を上げることができるからです。 そして各会社が行う事業の中には競争が激しい分野の事業もあればまだ未開拓の分野で競争があまりない事業がありますが、より利益を出しやすい事業は後者に当たります。 なぜなら競争相手がいないということはそれだけ自分がその事業を独占することができるからです。 そして未開拓の分野で競争があまりない事業をするという戦略のことをブルーオーシャン戦略と言います。 最近はどこの会社もブルーオーシャン戦略として未開拓の分野で競争があまりない事業をしようとしています。

◎お役立ち情報

ブルーオーシャン

ブルーオーシャンとは、W・チャン・キムとレネ・モボルニュの著書で紹介された戦略のことです。 競争相手が多く、血で血を洗うような領域で消耗しながら競争するのではなく、競争相手がいない未開拓領域を切り開くべきという考え方がベースになっています。 競争相手がいなければ、小さな企業であっても大きな利益を上げることが期待できるので、あえて大企業が大きなシェアを占めているところで勝負する必要がないことを、この戦略は教えてくれます。