通販・EC用語集

用語集-EC運営

スパムメール

ネットショップや良く利用するサイトなどにメルアドを登録しておくと、お得な情報や割引きセールなどの情報がメールできたりするので便利ですが、同時に迷惑メールなども来るようになることがあるのでやっかいです。あきらかな迷惑メールであれば無視すればいいのですが、中にはなりすましのメール・いわゆるスパムメールなどもあるので要注意です。有名サイトの名前に似せた送信元であったり、気になる内容で個人情報を入力させようとするものまであるので、疑わしいものは安易にメールをクリックしないことが大事です。また、ツイッターなどのDMでスパムメールが届くこともあるので、危険なものがあったらサイト運営者にスパム報告をするのもいいでしょう。

◎お役立ち情報

スパムメールと誤認されないために

最近ではスパムメールを認識し、場合によっては振り分ける機能がほとんどのメールサービスに備わっています。 メールの受信者としてはありがたい反面、送信者としては自分のメールがスパムと誤認される危険がないか注意することが必要だとも言えます。 あまりメールの仕組みに詳しくない方にメールを送信することが想定される場合、事前に相手のメールサービスを確認し、それに合わせてきちんと届く設定に変更する手順を説明しておくべきでしょう。