通販・EC用語集

用語集-EC運営

コーディング

コーディングとは、Webサイト作成においてHTMLなどの言語を用いて記述し、Webページを制作することを言います。 インターネットの世界では検索エンジンと呼ばれるクローラが交通整理をしています。その交通整理のおかげで、適切に作られたWebサイトが閲覧者に対して情報提供されています。では適切に作られたWebサイトとはなんでしょうか。それはコーディングが簡潔になされていて、込み入った入れ子構造が無く、内部のコンテンツを適切に配列していることです。その中には各コンテンツと整合するキーワードが配されていることは言うまでもありません。 HTMLの記述においては、現在ではWebページの骨格形成に特化させ、装飾的要素はCSSに任せてしまうという方法が主流になっています。こうすれば益々簡素な記述になり、SEO上でもメリットが出てくるはずです。

◎お役立ち情報

コーディングとは?

コンピューター作業におけるコーディングとは広義には製造・作成といった過程作業のことです(HTMLを駆使してサイトを作成する作業も含まれる)。狭義にはプログラミング言語を使ってソフトウェアの設計図にあたるソースコードを作成することであり時としてプログラミングと同義で使われます。しかしながらある程度複雑なプログラムを作成する場合にはコーディングだけではプログラムが意図した動作をすることはまずあり得ません。そこでその後、検証作業(テスト)→デバッグ(テストによりバグが見つかった場合、それを修正する作業)→保守作業という手順を踏む必要があります。この一連の作業をプログラミングと言います。