通販・EC用語集

用語集-EC運営

クロスセル

クロスセルとは、商品やサービスを購入しようとしている人に対し、関連商品を同時に購入するように勧める販売手法のことを言います。 靴の購入者に手入れ用品も同時に勧める、ネット通販でのレコメンド機能などが例に挙げられ、幅広く利用されている販売促進方法です。またスーパーのレジ前に、商品が置かれ「ついで買い」を促すのも、クロスセルの方法の一つです。 このように非常によく使われる販売手法であり、あまりコストをかけずに顧客一人あたりの売上が上がるため、販売の効率化に大きく貢献します。 ただし、あまり無関係なものや強引に商品をすすめたりすると、顧客の信用を失ってしまう可能性もあるため、むやみに取り入れれば良いというものではなく注意を払う必要があります。

◎お役立ち情報

クロスセル

クロスセルは、ある商品購入時に別の関連商品も購入すれば、それらの合計額がかなり安くなって割引サービスと同じ効果を生み出す方法です。 ネットでも、いくつかの通販商品を購入すれば送料が無料になったり、大幅割引が行われる例があります。 家電量販店では、パソコンを購入した際にインターネットの光回線を同時に申し込めばパソコンが安くなるといったサービスや、テレビを購入した際にBSやCSの有料放送に申し込めばテレビが安くなるといったサービスがあります。