通販・EC用語集

用語集-EC運営

キャッシュ

キャッシュとは一般的に、端末へ保管される表示履歴情報の一部を指します。 通常のWebサイトを閲覧した際にも情報は記憶されており、2回目以降の表示の際には保管されている情報とサーバー上に存在するものを比較し、一致する場合は端末に保管されている方を基にして表示が行われます。 ネットショッピングを始めとした商用サイトでは、広告や商品画像など表示する情報の量が多い傾向にあり、キャッシュを利用する事でブラウザ側の表示速度向上とサーバーの負荷軽減が期待できます。 また、一部のWebサイトでは過去に閲覧した商品ページのリンクを前面に表示するなどの工夫も見られており、気になる商品を再度検索する手間が省ける利点を持っています。

◎お役立ち情報

キャッシュは記録の宝庫

キャッシュは自身が閲覧したインターネット上の情報を保管するための機能の事を言います。 インターネットの一時的なファイルを保管する機能をもっており、このキャッシュを調べるだけで今までどのようなサイトの情報を見てきたのかがわかるようになります。 また、この一時的なファイルの魅力はデスクトップ上で既に消してしまった情報も見ることができる点にあります。 一時ファイルの情報は意図的な手段によって消去しない限りなくなることはないので、消えてしまった重要な情報をファイルから発掘することが出来るようになっているのです。