通販・EC用語集

用語集-ASP

SSL

SSLはインターネット上で送受信される情報を暗号化する技術であり、重要な個人情報を取り扱う場合に有用です。 ASPを利用してショッピングサイトを開設する際は、特に購入者の個人情報を守れるようなセキュリティ対策が大切になってきます。 SSLに対応したWebサイトでは、基本的に送受信される入力情報が暗号化されている為、万が一第三者に情報が盗まれても解読が不可能なので安心です。 また、セキュリティ証明書の技術と併用する事で販売店側の信用性を利用者へ伝えられるので、より安心して利用できるサービスの運用が期待できます。 インターネット上の情報流出やトラブルを避ける為にも、これらの技術は本格的なショッピングサイトを運用していくのに不可欠な要素と言えます。

◎お役立ち情報

SSL

SSLとは、Secure Sockets Layer の略で、インターネット上の暗号化通信のプロトコル(通信規約)になります。 インターネットは、何もしなければデータが裸で流れます。ネットワーク上を流れるデータをのぞき見できれば、どれだけ重要なデータでも見えてしまいます。 そこで、SSLを使って暗号化すれば、重要な情報(個人情報やクレジットカードの番号等)も安全にやり取りできることになります。 Webサイト上では、ブラウザのどこかに南京錠のマークが出ますので、暗号化通信中かどうかを簡単に確認することができます。