通販・EC用語集

用語集-広告

ROI

ROI(Return on Investment)投資利益率、投下資本利益率等と呼ばれている指標で、投資した資本に対してどれだけ利益が得られるかを示した指標です。 また、企業の収益力や事業・プロジェクトにおいての投資資本の運用効率を示すこともできます。 ROIは利益を投資額で割ったものですから、値が大きいほど優れた投資案件と言えます。 もともとは株主の支店から投資先である企業の採算性を判断するために用いられた指標で、決算書の数値から算出できます。 (当期営業利益+減価償却費)/ (株主資本+有利子負債) x100 計算を行う形が単純なため、さまざまなバリエーションがあります。 例えば、キャッシュフローをベースにして事業・プロジェクトごとの投資的効果を示すなどにも利用されています。

◎お役立ち情報

ROI

ROIとは、return on investment、すなわち投資利益率の略を指します。 つまりは投資に対してどれだけ利益が得られたかの率を示し、基本的には利益÷投資額ということになり、この値が大きいほど、投資にするに優れた案件といえることになります。 IT投資に対しては、これを算出するニーズは高まっていますが、その際には、ハッキリと「利益」が何なのかが決まっていないうえTOCなどの設備投資も投資額に含まれるため、そういった諸々の事柄に対する評価指標を決めて、これを算出する必要があります。