通販・EC用語集

用語集-広告

CPM

CPMはWebサイトに広告を載せた際の掲載1000回当たりの料金のことを言います。 CPMにページビューを乗じて1000で割ったものが一般的に広告掲載料金となります。 近年ではこの単位を使った課金方式を利用するのは大手Webサービス企業であり、中堅・中小のWebサービス企業はクリック保証型や成果報酬型で課金を行なっています。 広告掲載料金を上げるためには、Webサイトに掲載したバナー広告を多くの人々に見てもらう必要があります。 そのためには、SEO対策やバナー広告にあったカテゴリーのサイトに広告を掲載するなどの工夫を行なって、Webサイトに訪れる人を増やし、数多くバナー広告を表示することが大切になってきます。

◎お役立ち情報

CPMはwebサイト広告掲載1000回あたりの料金単位です。

CPM(Cost Per Thousand impressions)とは、webサイトの広告掲載1000回あたりの料金の単位です。広告掲載料金は、掲載対象ページの閲覧数に乗じて1000で割ったものとなります。現在の課金方式は成果報酬型一般的になっており、CPM単位での課金は大手webサイトに限られています。言語の由来は、ローマ数字で1000を意味する「M」、また、由来となったラテン語で1000を意味する「mille」から来ています。