通販・EC用語集

用語集-広告

課金形態

課金形態というのは、インターネット広告を展開する上での料金の算定をするための基準です。具体的には広告主が支払う料金の根拠となったり、ネットビジネスのアフリエイトでの収益を上げる根拠になったりするものです。 その形態には様々ありますが、その中でも期間、インプレッション数、クリック数、実際の登録者数だったりします。期間を区切る場合には、何日間の日にちを設定するのが一般的で、インプレッション数は広告を表示された回数で、クリック数は広告をクリックされた回数です。 なおより成果的な視点では、登録が行われたりした数である登録者数によって決定する場合もあります。なおどの課金形態を採用するかについては、インターネット広告を展開する事業者のサービスによって異なります。

◎お役立ち情報

課金形態

課金形態とはインターネットで行われているサービスに対して料金(課金)をどのように行うかの手法のことです。 一般的な課金方法はサービスを受けるたびに課金を行う都度課金です。これにはサービスを受ける期間、例えば1ヶ月ごとに支払うこともあります。 また、ゲームなどで増えてきているのがアイテム課金です。この課金形態はゲーム自体は無料なのですが、ゲーム内で利用するアイテムやサービスに個別に課金を行う形式です。課金をしなくてもゲームは遊べますが、他と違うサービスを受けたい客に対してアイテムごとに課金を行う形式です。