通販・EC用語集

用語集-広告

検索連動型広告

検索連動型広告とはキーワードターゲティング広告とも呼ばれ、検索したキーワードに応じて広告を自動的に選ぶ広告配信方法をいいます。この広告はユーザーがキーワードを検索した際に、関連性のある広告を表示することができるとともに、ユーザーに向けて知らせることができます。検索連動型広告は有料リスティングサービスであり、ユーザーが広告をクリックした回数に伴って広告主に課金していく仕組みをとっています。このほかにもユーザーが見ている検索サイトの内容に応じて配信する「コンテンツターゲティング広告」やサイトの閲覧した履歴やキーワードの履歴に応じて配信する「ビヘイビアターゲティング広告」などのサービスがあります。

◎お役立ち情報

検索連動型広告とクリック率

インターネットで情報を検索する時は、自ら検索キーワードを考えてその情報を調べる事になります。 検索を行う事で、検索キーワードに応じた結果が表示されますが、この時広告と言うものも、その結果の中に表示されています。 これは、検索キーワードに応じた広告であり、このような広告の事を検索連動型広告と呼んでいます。 検索連動型広告は、通常の広告とは異なり、検索を行う事で、検索キーワードに一致もしくは含まれている場合のみ表示される広告で、クリック率が高いと言われているのです。