通販・EC用語集

用語集-広告

プッシュ戦略

メーカーが取引相手の流通業者・販売者に働きかけて販売プロモーションを行うことです。 対象商品は、市場で知名度が低い商品や利益率や販売価格が高い商品、メーカーの看板商品などが選ばれます。 メーカーは通常商品も取引相手に紹介しますが、プッシュ戦略の対象商品では人的販売としてメーカーの営業マンを売り場に派遣してより積極的な販売プロモーションを行ったり、インセンティブとして販売数に応じて販売促進費(リベート)を送るなどを行います。 販売促進費については、商品の価格を下げる要因になることも多いため、現在では廃止する企業も増えていますが、物が売れない風潮もあり、一部商品・サービスではさらに激しいプッシュ戦略が行われています。

◎お役立ち情報

プッシュ戦略

プッシュ戦略とは、消費者にパッケージングなどで直接アプローチするプル戦略とは違い、商品の流通を扱う業者にメリットを与えることで、自社商品の取扱を大きくしたり、消費者へ購入を推奨させる戦略のことを指します。 具体的には通常取引とは別に、商品の代金の割戻しなどといったリベートや、業者に商品を販売してもらうためになにか別料金を支払うといった事が挙げられます。こういったインセンティブを流通業者にかけることで、間接的な売上を上げるのです。