通販・EC用語集

用語集-広告

バナー広告

バナー広告とはインターネット広告の一種で、Webサイトのページに対してリンク付きの広告画像を埋め込む技術です。 インターネット広告としては特に広く普及している種類であり、ショッピングサイトや比較サイトを始めとして、個人のブログや趣味サイトなどでも利用されています。 横長の長方形や正方形のものが一般的ではありますが、近年では縦長のバナー広告も用いられています。 主に、広告主となる企業から報酬を得る目的で使用される技術であり、ホームページ及びサーバーの維持費や副収入として広告を貼る使い方が多い傾向があります。 報酬は表示された回数やクリック回数、広告を経由した商品の購入などで支払われる仕組みとなっています。

◎お役立ち情報

バナー広告

バナー広告はインターネット広告の一つとしてカテゴライズされます。ウェブ上のどんな小さなスペースでも広告をバーナーで掲載することができるので、広告主の予算に合わせて広告を出すことができます。テレビコマーシャルの場合には、テレビコマーシャル一本の制作費と宣伝費が加味されますが、バナー広告の場合にはバナー画像の表示回数やクリックされた回数など課金方法が異なることから、広告主の要求に柔軟に対応することができます。