通販・EC用語集

用語集-広告

クリック率 (CTR)

クリック率 (CTR)は広告が表示された回数からユーザーが広告をクリックした回数を割ったものを言い、自社のインターネット広告の効果がどのくらいの効果をもたらしたのかを示す指標のひとつのことをいいます。CTRは「クリックスルーレート」とも呼ばれ、指標の値が高ければ高いほど、ユーザーは広告に関心を持っており、このような広告はいわばユーザーから関心があり効果が高かった広告であるといえます。インターネットが開始された時には、数%と高かったのですが、バナー広告が一般化されてからは、特に広告に関心を持ったユーザーに的を当てていないポータルサイトに広告を載せた場合には、平均0.05%前後と低下しつつあります。

◎お役立ち情報

クリック率 (CTR)

サイト上のネット広告のバナーなどをユーザーがどの程度の確率でクリックしているかが、クリック率 (CTR)となります。クリック率は解析ソフトなどによって、数字で確認することが可能になっています。これにより、広告バナーなどが1000人に1人や100人に1人といった確率でクリックされていることを知ることができます。この確率が非常に少ない場合には、サイト内の文章の見直しや商品の写真などのデザインを変更するなどの対策を講じる必要が出てきます。