通販・EC用語集

用語集-広告

インタレストマッチ

インタレストマッチとはインターネット広告の一種であり、ページを閲覧している人に合わせて興味を惹きそうな広告を表示する仕組みのことです。ネットモールサイトがバナー広告によく使っている手法であり、通常のバナー広告では表示される内容が固定されますが、ページにアクセスする人の趣味に応じて広告を表示出来るため、ネットショップ運営者はより効率良く商品を紹介することが出来ます。
インタレストマッチは機械学習というアルゴリズムを応用したサービスであり、ページ閲覧者が過去に見たネットショップやサービスに関する情報をデータベースに蓄積することで、サーバープログラムは学習をしていき、次回バナー広告を見た人におすすめの商品を表示出来るようにしているのです。

◎お役立ち情報

インタレストマッチ

興味関心連動型とも言われます。インタレストマッチ広告はインターネット上に広告を出す際、ホームページを見ている客に合わせて広告を選択・表示できる手法のことを言います。あるサイトを見ているユーザが京都に興味があるお客と認識できれば京都に関する広告を表示すれば効果的だと考えられています。
客の興味については、見ているホームページのキーワードを調べたり、過去の検索キーワードや閲覧履歴などから広告会社独自のノウハウで広告選択が行われています。